薬剤師の求人についてコンサルに頼むことの是非

地方で深刻な人材不足

地方で深刻な人材不足 | これからの時代、転職コンサルタントに求められるもの | 働き方に柔軟な考え方を

医療機関や調剤薬局、ドラッグストア、薬の研究機関などが、いわゆるコンサル求人について依頼をすることがあります。
この場合、それぞれの求める人材像に応じた薬剤師ということになりますが、余程の人脈やノウハウが無ければ対応は難しいのが現実です。
かつては薬剤師は4年制の大学でも卒業し、資格を得ることが出来ました。
今は違います。
6年制の大学を卒業してからでないと国家資格受験が出来ません。
この4年制と6年制との間におけるタイムラグも大きなネックです。
現実に、特に地方で顕著なのが人材不足です。
したがって、求人を行う側はとにかく薬剤師に来て欲しいという切羽詰まった状況で、求人を出さざるを得ませんでした。
制度変更による人材不足がようやく一息つこうとしています。
中でも都市部特に東京や大阪などの大都市圏内では、徐々に人材不足が解消されてきているとも言われ始めています。
したがって、ようやくコンサルの人が腕を振るう場面が出来てきたとも言えるものです。
一方で地方では、とにかく人材不足が著しい状況にあります。
正社員の採用をあきらめて、パートなどの時短での労働者も多く採用をしようと門戸を広げています。
それでも人材不足はなかなか解消されていません。
こうした人材不足の解消を図る意味でも今後、コンサルの利用は重要にはなっていくでしょう。

薬剤師専門求人サイト薬剤師転職サイト選びなら