薬剤師の求人についてコンサルに頼むことの是非

働き方に柔軟な考え方を

地方で深刻な人材不足 | これからの時代、転職コンサルタントに求められるもの | 働き方に柔軟な考え方を

また、求人を出す側にも、より広く人材を求めるという視点で、その地域だけでは無く人材が多いのではないかと見られるところにも積極的に声をかけていくことも重要です。
都市部では6年制の卒業者が就労出来なくなっている人がいる、つまり売り手市場が変化しているとも言われるようになってきています。
一時的な人材不足が解消されて、これからは求める人材をより絞り込む考えに戻りつつあるとも言われています。
一方で地方ではまだまだ人材不足が著しいわけですから、ここに双方を結びつけられる可能性が生まれるわけです。
薬剤師資格を取得したばかりの人で新卒の場合には、社会の事情に精通しているとは言えない側面もあります。
地方ではダメなのかなどもよく考えてもらい、必要な情報と考えを伝えていくことも大事な仕事になってきているのです。
募集する側も応募する側も、こんなはずでは無かったとなる前に、ミスマッチが起きないように適切な対応を行ってもらえる人にこそ紹介してもらうべきでしょう。
そのことが人材の確保にも繋がりますし、また就職の場の確保にも繋がっていきます。
後に続く人たちの一つの道しるべにもなり得るでしょう。
なお、正規社員以外の働き方の模索を行う人もいますので、働き方にも柔軟な考え方が出来ることが必要です。